関西弁は簡単に移るもの

地方から大阪の大学に通うという人も多いでしょう。
東京ほどではないにしても有名な大学がいくつもあり、東京に負けないくらいおしゃれなお店もたくさんあります。
そして、何と言っても大阪には安くて美味しい食べ物がたくさんあるので、大学生のお財布にも優しい街なのです。
何でも揃う大阪は、都会の雰囲気を味わいたいという人にも魅力を感じる街だと思います。
大学生になると学業に打ちこむという人もいないわけではありませんが、どちらかと言えばサークル活動やアルバイトに傾倒するようになる人が多いのも事実でしょう。
大学生のアルバイトとして典型的なのは接客サービスを伴うものであり、ファミレスや居酒屋などの飲食店やコンビニなどの販売店の人気が高いようです。
しかし、地方から出てきた人にとって大阪で接客サービスをするというのはしばしば度胸が必要となります。
関西弁に慣れていないからであり、つい気が強いお客であると感じて圧倒されてしまいがちなのです。
サービスを受ける側としても普段から慣れ親しんでいる関西弁でないことから少し幻滅してしまうところもあるでしょう。
そういった苦労をすることが多いのが地方から来た学生です。
しかし、関西弁は比較的容易に移るものであり、何ヶ月か生活していると段々と関西弁が混じってくるようになり、自然に話せるようになってきてしまいます。
本当に正しい関西弁ではない場合が多いものの、本場の人から見ても愛嬌があるような関西弁を操れるようになっていくことで接客サービスをするのも楽しくなってくるのです。
最初にあきらめてしまわずに頑張り通せれば言葉の壁を乗り越えるのは大阪では簡単なことでしょう。

  • 2017年8月
         
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • アーカイブ

  • 最近のコメント